11/04/2016

【2016】道路状況が悪い町ランキング 12~アメリカ編~

1. San Francisco-Oakland
コンディション不良: 71%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $978

2. Los Angeles-Long Beach-Santa Ana
コンディション不良: 60%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $892

3. San Jose, California
コンディション不良: 59%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $863

4. Detroit
コンディション不良: 56%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $865

5. Milwaukee
コンディション不良: 56%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $861

6. Bridgeport-Stamford, Connecticut
コンディション不良: 55%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $797

7. Omaha
コンディション不良: 54%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $852

8. Oklahoma City
コンディション不良: 53%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $1,025

9. Grand Rapids, Michigan
コンディション不良: 52%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $742

10. Tulsa, Oklahoma
コンディション不良: 49%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $998

11. Honolulu
コンディション不良: 49%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $745

12. Cleveland
コンディション不良: 49%
年間追加コスト(ドライバー1人あたり): $748
************************************
車の修理コストなど

[Source: TRIP]

No comments:

Post a Comment